<発砲>暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)

 15日午後11時20分ごろ、北九州市小倉南区南方3、同区自治総連合会役員の男性(75)方で「ガラスの割れる音がした」と周辺住民から110番があった。福岡県警小倉南署員が調べたところ、男性方の玄関と勝手口で計6発の弾痕が見つかり、16日朝の実況見分で銃弾3個が確認された。連合会は、指定暴力団工藤会が同区内に新事務所を設置したことに絡んで暴力団追放運動を進めており、福岡県警は悪質な嫌がらせの可能性があるとみて、銃刀法違反などの疑いで捜査を始めた。

 調べによると、通報した住民はガラスの割れる音に続いて車の走り去る音を聞いたという。実況見分で薬きょうは見つかっておらず、回転式拳銃が使われた可能性があるという。事件発生時、男性と家族は1階で就寝中で、けが人はいなかった。

 現場は北九州モノレール徳力公団前駅の西約500メートルにある閑静な住宅街。近くに広徳中学校と広徳小学校がある。

 小倉南区では5日、今回の現場から約7キロ離れた上貫3の建物の門に「四代目工藤会 長野会館」と書かれた看板が掲げられた。県警は工藤会関係者の出入りを確認し、新事務所とみている。同連合会は県警や北九州市と合同で新事務所からの退去を求める「暴力団追放総決起大会」の開催を30日に予定していた。

 また12日には、住民ら約510人が新事務所前で暴力追放パレードを行い、組関係者約80人が捜査員とにらみ合う場面もあった。看板は翌日の13日に撤去された。

 県警はこの事務所前で警察官を配置し監視を続けていたが、連合会役員らは警備対象としていなかった。

 工藤会は北九州市小倉北区に拠点を置き、県内の構成員は730人(08年12月末現在)と、九州最大規模の指定暴力団。県警は昨年4月、工藤会の取り締まり強化を狙い「北九州地区暴力団特別捜査室」を設置。1月には暴力団対策部を発足させ、部内に工藤会を主に取り締まる北九州地区暴力団犯罪捜査課を設置するなど、工藤会対策に力を入れている。

<都立国分寺高>入試で出題ミス、3人を追加合格(毎日新聞)
兵庫・明石のJR新快速で人身事故 1万400人に影響(産経新聞)
小池百合子元防衛相が邦夫氏にひじ鉄!? 新党結成で「返事なし」 (産経新聞)
“函館の台所”で火災、鮮魚店など焼く(読売新聞)
<脅迫容疑>部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕(毎日新聞)
[PR]
# by gfojwwyx3h | 2010-03-20 15:08

スギヒラタケ 強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)

 キノコのスギヒラタケを食べた腎障害の患者に04年秋、急性脳症が多発した問題で、このキノコの抽出物をラットに投与したところ、腎機能が正常でも運動量が大幅に低下することが、高崎健康福祉大(群馬県高崎市)の江口文陽教授(キノコ学)のチームの研究で分かった。厚生労働省は同年以降、食用を控えるよう呼び掛けており、江口教授も「腎機能に問題がなくても食べないで」と強調している。【江口一】

 研究成果は17日から宮崎市で開かれる日本木材学会で発表する。

 江口教授らは07〜09年に新潟、群馬両県で採取したスギヒラタケの抽出物を用い、腎機能が正常なラットや重症の腎障害ラットに1000ミリグラム投与して3時間観察し、生理食塩水を投与した場合と比べ、運動量を調べた。

 スギヒラタケの投与では、腎障害ラットは直後から運動量が低下し、約100分を過ぎるとほとんど動かなくなった。正常なラットは最後まで運動を続けたが、それでも生理食塩水を投与したラットに比べ運動量は約3分の2にとどまった。

 また、スギヒラタケの抽出物を軽症、中症、重症の腎障害のラットに投与して筋肉の状態などを調べたところ、重症のラットでは筋肉の細胞が大きく破壊されていることも判明した。

 江口教授は「筋肉の炎症を起こす強い毒性を持っていることは明らかだ」と指摘する。

 スギヒラタケを食べた人の急性脳症は、04年秋に新潟・山形両県などで初めて報告された。厚労省の調べでは、同年だけで少なくとも59人が発症し、17人が死亡したが、05年以降は激減した。

2人確認、身元不明は3人に=グループホーム火災−北海道警(時事通信)
<名古屋食肉公社>債務12億円、銀行が免除へ 市が表明(毎日新聞)
補足給付に福祉財源の投入を−全老健が要望書(医療介護CBニュース)
<肥満>そんなにデブは悪いのか!? 「太めが長生き」統計も(毎日新聞)
現場責任者ら2人を書類送検=作業員死亡事故で−福岡県警(時事通信)
[PR]
# by gfojwwyx3h | 2010-03-18 18:36

クロマグロ禁輸反対で韓国と協調=農水副大臣(時事通信)

 農林水産省の山田正彦副大臣は15日、ソウルで韓国農林水産食品省の河栄帝第2次官と会談した。山田副大臣は大西洋・地中海産クロマグロの国際取引禁止を回避するため、カタールの首都ドーハで開催中のワシントン条約締約国会議でモナコによる禁輸提案に対し、日本とともに反対するよう要請。日本政府によると、韓国側は理解を示した。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
〔用語解説〕「ワシントン条約」
本格討議、18日の可能性も=クロマグロ禁輸

「頭にべっとりと血だまりが…」 被害者の調書が事件を再現(産経新聞)
70件か、空き巣のコロンビア人逮捕=捜査員の「直感」で尾行−警視庁(時事通信)
【生きもの秒写】「ホッキョクグマ」 白浜・アドベンチャーワールド(産経新聞)
山内議員元秘書を再逮捕 新たに4千万円詐取容疑(産経新聞)
日教組委員長、政治活動の正当性強調(読売新聞)
[PR]
# by gfojwwyx3h | 2010-03-17 03:47

【アートカレンダー】桑原正彦展 東京・清澄 小山登美夫ギャラリー(産経新聞)

 少女や猫、クマのぬいぐるみや大きな貝、ケーキなどがアクリル絵の具で描かれている。柔らかく淡い色彩でかわいく表現された絵画はメルヘンの世界のよう。

 展覧会タイトルは「とても甘い菓子」。どれも甘ったるく、少女も明るく屈託がない。が、キャンバスには複数の少女は描かれず、みな一人で立って物思いにふけっていたり、座っていたりしてどこか寂しそう。作家自身の心の反映だろうか。あえて淡くぼんやりした色彩で孤独を覆い隠してしまっているように思えてならない。

 少女が雲に乗った「空のハニー」は、何かを祈っているようで悲しそうにも見えるし、「海浜公園」は、青い空に深い孤独感が漂っているようでもある。自己の傷つきやすい心を、汚れなき少女の姿に託しているかのようだ。

 桑原正彦は昭和34年、東京生まれ。10年ほど前から現代社会の環境問題などを暗示する奇妙な姿の生き物をかわいらしく描いてきた。ギャラリーを去って絵を思いだすと、作品全体がグレーの色彩に包まれていたように感じられた。本展ではこの1、2年の間に制作した作品を発表。27日まで(日月祝日休)。(和)

川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待(産経新聞)
参院福島に新人擁立=みんなの党(時事通信)
<宮崎家族3人殺害>偽装工作で実子を殺害か 奥本容疑者(毎日新聞)
投薬後の死亡で「遺憾」=遺族との調停、県が解決金−兵庫(時事通信)
首相動静(3月10日)(時事通信)
[PR]
# by gfojwwyx3h | 2010-03-13 01:47

雑記帳 アルコール分完全ゼロのワイン風味飲料 山梨(毎日新聞)

 山梨県甲州市のワイナリー「シャトー勝沼」(今村英勇会長)が、アルコール分完全ゼロのワイン風味飲料「KatsunumaGrape」を19日から全国で発売する。

【写真特集】キャラグッズランキング:ショッカーワインセットに シャア専用ヘルメットも

 飲酒運転の厳罰化で、ノンアルコールビールの需要は急増中。ノンアルコールワインと銘打った商品もあるが、同社によると、微量のアルコールを含んでいたり、ブドウジュースに似た味がほとんどだった。

 新商品はブドウ果汁に緑茶の葉をつけ込むことで、ワイン特有の渋みを再現した。720ミリリットル入り1050円。同社は「料理との相性もいい。ドライバーもワインの味に酔いしれて」。【曹美河】

【関連ニュース】
【写真特集】みんなのニュース:ハチミツをワイン感覚で楽しむ 千葉・柏市
【写真特集】神の雫:主演・亀梨「男友だちとワイン1本空けた」寂しいクリスマス
【写真特集】前田慶次:余生で味わった?白ワイン限定販売 「花の慶次」ラベルも
【写真特集】クルム伊達公子:試合中にググッと一杯 キリンのノンアルコール飲料CM
【写真特集】ヒット商品:09年ベスト1はHV「プリウス&インサイト」 2位「キリンフリー」

日本航空 女子バスケ「JALラビッツ」来季限りで廃部(毎日新聞)
高円寺駅で人身事故、JR中央線運転見合わせ(読売新聞)
東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
皇太子さま アフリカ2カ国訪問を前に会見(毎日新聞)
首つり偽装で自衛官殺害=容疑で妻ら5人逮捕−検視で「自殺」と誤認・宮城県警(時事通信)
[PR]
# by gfojwwyx3h | 2010-03-11 03:38