<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「くいだおれ次郎」旗振り サッカーW杯(産経新聞)

 サッカーのワールドカップ開幕に合わせ、大阪・ミナミの名物人形「くいだおれ太郎」の弟・次郎が11日、道頓堀に登場し、日本代表の応援シャツ姿で街を盛り上げた。

 毎日太鼓をたたく太郎に代わり、両手に旗を持てる次郎に白羽の矢が立った。日の丸と日本代表の青い旗を手にバンザイを繰り返し観光客らの目をひいた。

 不在の太郎は「昼間は休ませてもろうて、夜更かしして応援しまっせ」とコメントし、次郎は「岡田JAPANガンバレ!」と吹き出しで声援を送った。

国会 会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
<鳩山前首相>特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
<交通事故>ワゴン車とトラックが衝突 5人死傷…宮城(毎日新聞)
両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-06-15 14:51

ハス散華、法灯継承を決意 東大寺・新別当の晋山式(産経新聞)

 東大寺(奈良市)第220世別当、華厳宗管長に就任した北河原公敬師(67)の晋山(しんざん)式(就任披露式)が27日、同寺で営まれ、多くの参列者が見守る中、北河原別当は大仏を前に法灯継承の決意を示した。

 北河原別当は午前10時半過ぎ、輿(こし)に乗って同寺本坊前を出発。中門で出迎えた僧侶らと合流し、大仏殿に入った。殿内では伝燈奉告法要が営まれ、ハスの花びらをかたどった紙をまく散華(さんげ)などが行われた後、北河原別当は奈良時代から続く法灯を守り伝えていくことを誓った。

 北河原別当は東大寺の執事長、上院院主などを歴任。5月から別当に就任した。任期は3年間。

【関連記事】
東大寺法華堂 仏像群16体の林立見納め
慈悲の花咲く法華寺で、ふっくらとした光明皇后に出会う
行基ゆかり喜光寺の南大門落慶 奈良
大仏さまも花見どうぞ 東大寺
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年
虐待が子供に与える「傷」とは?

罷免「一切考えていない」=首相―普天間移設(時事通信)
首相動静(5月26日)(時事通信)
身ぶりと音声で生活機器を操作―産総研が障害者支援システムを開発(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>キャンプ座間、ゴルフボール飛び出し 歓迎しない会が緊急抗議集会(毎日新聞)
<天候>寒暖の差激しく雨多かった 3〜5月(毎日新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-06-03 20:20