カテゴリ:未分類( 65 )

「くいだおれ次郎」旗振り サッカーW杯(産経新聞)

 サッカーのワールドカップ開幕に合わせ、大阪・ミナミの名物人形「くいだおれ太郎」の弟・次郎が11日、道頓堀に登場し、日本代表の応援シャツ姿で街を盛り上げた。

 毎日太鼓をたたく太郎に代わり、両手に旗を持てる次郎に白羽の矢が立った。日の丸と日本代表の青い旗を手にバンザイを繰り返し観光客らの目をひいた。

 不在の太郎は「昼間は休ませてもろうて、夜更かしして応援しまっせ」とコメントし、次郎は「岡田JAPANガンバレ!」と吹き出しで声援を送った。

国会 会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
<鳩山前首相>特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
<交通事故>ワゴン車とトラックが衝突 5人死傷…宮城(毎日新聞)
両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-06-15 14:51

ハス散華、法灯継承を決意 東大寺・新別当の晋山式(産経新聞)

 東大寺(奈良市)第220世別当、華厳宗管長に就任した北河原公敬師(67)の晋山(しんざん)式(就任披露式)が27日、同寺で営まれ、多くの参列者が見守る中、北河原別当は大仏を前に法灯継承の決意を示した。

 北河原別当は午前10時半過ぎ、輿(こし)に乗って同寺本坊前を出発。中門で出迎えた僧侶らと合流し、大仏殿に入った。殿内では伝燈奉告法要が営まれ、ハスの花びらをかたどった紙をまく散華(さんげ)などが行われた後、北河原別当は奈良時代から続く法灯を守り伝えていくことを誓った。

 北河原別当は東大寺の執事長、上院院主などを歴任。5月から別当に就任した。任期は3年間。

【関連記事】
東大寺法華堂 仏像群16体の林立見納め
慈悲の花咲く法華寺で、ふっくらとした光明皇后に出会う
行基ゆかり喜光寺の南大門落慶 奈良
大仏さまも花見どうぞ 東大寺
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年
虐待が子供に与える「傷」とは?

罷免「一切考えていない」=首相―普天間移設(時事通信)
首相動静(5月26日)(時事通信)
身ぶりと音声で生活機器を操作―産総研が障害者支援システムを開発(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>キャンプ座間、ゴルフボール飛び出し 歓迎しない会が緊急抗議集会(毎日新聞)
<天候>寒暖の差激しく雨多かった 3〜5月(毎日新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-06-03 20:20

<口蹄疫>種牛の精液はストロー1本5000円も(毎日新聞)

 家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が宮崎県で多発している問題で、「宮崎牛」のエース級種牛6頭のうち、感染の疑いが判明したスーパー種牛「忠富士」は22日、殺処分され、関係者に大きな衝撃を与えた。

 種牛1頭から採取される精液は最大、0.5ミリリットル入りのストローで年間3万5000本程度。忠富士は最大量の年間3万7900本を供給していた。宮崎牛のブランド価値を守るため、保存精液は県家畜改良事業団が全量を管理し、県内の繁殖農家だけに提供している。

 価格は、1本当たり約3000円から。血統や子牛の肉質などで評価の高いスーパー種牛の場合、約5000円に跳ね上がることもある。このほか、人工授精の技術料などが上乗せされるため、農家の負担額は同1万〜2万円になるという。

 宮崎牛は県外には子牛として出荷され、生育後、出荷先のブランド名で売られることが多い。松阪牛などの名称を付ける基準は、それぞれの生産者団体が独自に定めており、子牛の出生地に関する全国統一の決まりがないためだ。

 松阪牛は、▽黒毛和種▽出産前の雌牛▽三重県松阪市を中心とした地域での肥育期間が「最長・最終」−−であることなどが条件で、これらを満たしていれば宮崎生まれでも松阪牛ブランドが付けられる。これに対し、神戸牛(神戸ビーフ)は兵庫県内で生まれ育ったことを条件にしている。【窪田淳】

台湾の陶磁器作家 作品展(産経新聞)
大雨 交通乱れる 神戸で土砂崩れ(産経新聞)
口蹄疫移動制限、えびの市で解除に向け感染検査(読売新聞)
両陛下が植樹祭出席=神奈川(時事通信)
きょうから第49期十段戦本戦(産経新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-05-27 17:23

檜枝岐歌舞伎 山里に江戸の伝統 福島(毎日新聞)

 福島県奥会津地方の山里、檜枝岐(ひのえまた)村の神社で12日夜、江戸時代から伝わる「檜枝岐歌舞伎」が上演された。小雨降る中、約500人が260年以上の歴史がある庶民芸術を楽しんだ。

 伊勢参りの途中に江戸で歌舞伎を見た村民が見よう見まねで村に伝えたのが始まりとされ、農民たちが祭りの奉納歌舞伎として伝承してきた慰安行事。現在は村民で組織する一座が年3回上演している。【丸山博】

【関連ニュース】
百聞百見とくしま:薬王寺、江戸の木像8体修復 「地域の宝」色鮮やかに /徳島
姫路城下町跡:江戸時代の町屋跡を初確認 土間や排水路、大量の灰も /兵庫
春季大祭:薩摩藩士に感謝 勇壮に舟みこし−−海津・治水神社 /岐阜
特別展:「絵画にみる江戸時代のみやぎ」−−多賀城・東北歴史博物館 /宮城
頼杏坪展:「文人代官が見た江戸時代」−−三次で開幕 /広島

関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
たちあがれ日本 参院比例に中畑氏擁立 青少年育成に意欲(毎日新聞)
<たちあがれ日本>片山元総務相の擁立検討 参院選比例(毎日新聞)
幻の「紀州東照宮・御船歌」復活 江戸初期とどめる30年前の音源(産経新聞)
口蹄疫問題 ネット炎上で赤松農水相に批判(産経新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-05-18 21:34

<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)

 「患者は国から見放され、悲しみの中で病気と闘ってきた」。政府が9日、和解協議入りの方針を決めたB型肝炎訴訟。東京訴訟原告団代表の女性(41)は患者たちの思いを代弁した。2年前に一連の訴訟が始まってから、既に10人の原告が死亡している。女性は「全面解決できるかはまだ分からない。国は具体的な協議を先送りせず、一日も早く救済範囲などの条件を示してほしい」と訴えた。【佐々木洋】

 女性は03年、首にできたこぶの除去手術の検査で偶然、感染を知った。医師からは「母子感染でなければ、幼いころの集団予防接種が原因だと思う」と告げられたが、母親は感染者ではなかった。

 「無症候(症状が出ていない状態)から慢性肝炎に進行する割合は10%」と言われた女性は「9割は大丈夫」と考え、最初は深刻に受け止められなかったという。普段はあえて病気について考えず、夫との生活や趣味の乗馬を楽しんだ。

 05年秋。乗馬のレッスンから帰宅すると、感じたことのない疲労感に襲われ、体が鉛のように重く感じた。5日後の検査で肝機能の数値が異常値を示し、慢性肝炎を発症したことが分かった。「肝硬変や肝がんになる可能性もある。もう普通の女性のようには生きられない」。そう思うと涙が止まらなかった。

 この時から心のどこかでいつも死を考えるようになった。2カ月に1度の検査では、肝機能の数値が上がって悪くなるたびに落ち込んだ。本人の努力でどうにかなる病気ではないと聞いていたが、「数値が落ち着いてほしい」との一心で体をいたわった。

 ある年の大みそかに夫と近所の神社を訪れた。新年を迎えた瞬間から、初もうで客が順番に大きな太鼓をたたく。「今たたかないと、次は生きていないかもしれない」。ふとそう思い、夫を誘って列に並んだ。初めての体験がうれしかったが、すぐに死が頭をよぎり、寂しい気持ちで家路についた。

 肝機能の数値とウイルスの量は徐々に増え、医師からは抗ウイルス薬の服用を勧められた。いったん服用すれば一生続ける必要がある。胎児への影響から妊娠もあきらめなければならない。薬を飲むことを決意したのは、発症から約1年半もあとだった。

 結婚、妊娠、マイホームのローン……。訴訟に参加し、患者が多くのことをあきらめながら生きている理不尽さに憤りを感じた。女性は「私たち患者は社会の一員だと実感しながら治療に励み、穏やかな時間を過ごしたいだけ。政治家や官僚は原告のつらさを想像し、責任を果たしてほしい」と語った。

 ◇難問 巨額の補償費

 B型肝炎訴訟は今後、患者の救済範囲や補償額など具体的な条件面に焦点が移る。

 原告側は(1)予防接種が義務づけられた48年から、注射器の使い回しを禁止する通達を国が出した88年ごろまでに接種を受けた(2)接種時6歳以下だった(おおむね7歳以上は感染しても治癒する)(3)母子感染ではない−−との要件を満たす被害者の救済を求めている。

 一方、国側は裁判で(1)母子手帳などに集団接種の記録が残る(2)母親が存命で、血液検査で母子感染を否定できる−−との条件を満たす患者以外は証明が不十分と主張。これに対し原告側は「94年までは予防接種は義務。複数回受ける必要があったのに、一度も受けていない確率はほとんどなく手帳は不要」「母親が死亡していても生存時のデータやきょうだいの血液検査で証明が可能」と反論、主張は対立したままだ。

 さらに補償額も問題だ。国の責任を認めた06年最高裁判決は原告5人に各550万円の支払いを命じたが、原告側は08年に和解した薬害C型肝炎訴訟の支給額(症状に応じ1人当たり4000万〜1200万円)を基準にすべきだとしている。

 弁護団によると、C型肝炎訴訟の基準に基づく原告患者への支給総額は約93億円。他の感染者も救済する場合、さらに巨額になる。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
B型肝炎訴訟:大阪も和解へ
B型肝炎訴訟:遠い解決 札幌地裁、初の和解勧告から1カ月

交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断(産経新聞)
草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
<掘り出しニュース>「堀部安兵衛」「大石内蔵助」−−小学校階段に赤穂義士の名前(毎日新聞)
反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-05-11 14:14

ペット大量投棄事件、現場に慰霊碑建立検討(読売新聞)

 火葬を依頼したペットの死体が、埼玉県飯能市の山中に大量に投棄された事件の被害者約250人が18日、逮捕された業者の自宅(同県三芳町)近くの公民館に集まり、投棄現場に石碑を建てる方向で活動を行うことを決めた。

 集会は、通報した東京都板橋区のペットサロン経営の女性(54)の呼びかけで実現。代表に選ばれた同県川越市笠幡の主婦田中杏美(きよみ)さん(24)は「山林にまだたくさんペットの骨が眠っているはず。事件を風化させてはならない」と、石碑建立への協力を呼びかけた。

 参加者からは「持っている骨つぼをどうすればよいのか」といった声が相次ぎ、被害者宅などにある骨をまとめて共同墓地化する案や、「死んだらごみという現状を見直してほしい」といった意見も出た。今後、国に法規制を求めるとともに、今回の業者の行為が詐欺事件として立件されるよう署名運動を始める予定。

 集会では、愛犬3匹の火葬を依頼したという男性が「骨を梅の木の下に埋めたが、もしかしたら、まだ山の中にいると思うとやるせない気持ち」と語り、参加者の涙を誘う場面も。

 県警によると、廃棄物処理法違反容疑で逮捕された元町議の「花園ペット祭典」経営阿部忍容疑者(71)は調べに対し、「10年ほど前から現場に死体を捨てていた」と供述しているという。

<コウノトリ>野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
5月決着なければ退陣を=普天間移設問題で谷垣自民総裁(時事通信)
エベレスト初登頂の偉業再現 板橋区・植村冒険館(産経新聞)
<ストーカー事件>初公判で認否留保 ノエビア元副社長(毎日新聞)
<虐待>傷害容疑で父親逮捕 4歳長女に工具箱投げる…兵庫(毎日新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-04-24 12:05

山崎さん、19日に帰還=機体検査、問題なく−米シャトル(時事通信)

 【ケープカナベラル(米フロリダ州)時事】国際宇宙ステーション(ISS)から離れ飛行中の米スペースシャトル「ディスカバリー」に乗り組む山崎直子さん(39)ら7人は19日朝(日本時間同日夜)、米フロリダ州のケネディ宇宙センターに帰還する。米航空宇宙局(NASA)によると、天候に大きな問題はなく、順調にいけば同日午前8時51分(日本時間午後9時51分)に着陸する予定だ。
 NASAによると、山崎さんらは16日午前、シャトルのロボットアームに接続したセンサー付き検査機器(OBSS)を動かし、機体の耐熱タイルの損傷を調べたが、帰還時の大気圏突入で問題となる部分はなかったという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
肩抱き合い、別れ惜しむ=山崎さん宇宙基地離れる
「訓練充実、不安ない」=長期滞在予定の古川さん

谷垣総裁もツイッター、党首討論へつぶやく(読売新聞)
“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)
「日本は反面教師」韓国ロースクール誕生1年(産経新聞)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-04-21 19:08

内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持−時事世論調査(時事通信)

 時事通信社が9〜12日に実施した4月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は前月比7.2ポイント減の23.7%となり、政権運営の「危険水域」とされる2割台に落ち込んだ。不支持率は同8.0ポイント増の56.5%だった。小沢一郎民主党幹事長らの「政治とカネ」の問題に加え、米軍普天間飛行場移設問題で鳩山由紀夫首相が「5月決着」を公言しながら進展していないことなどへの批判が背景にあるとみられる。
 調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。回収率は67.1%だった。
 参院選比例代表の投票先では、民主が17.7%(同3.4ポイント減)、自民が16.8%(同3.7ポイント減)とほぼ拮抗(きっこう)。みんなの党は7.2%(同4.0ポイント増)となり、5.2%の公明を抜いて「第3党」に躍進した。
 鳩山内閣への評価を支持政党別にみると、支持政党なしの無党派層は、「支持」が17.4%にとどまり、「不支持」は57.6%だった。民主支持層では、支持が64.5%、不支持が23.8%。一方、連立を組む社民支持層は、不支持53.8%が支持30.8%を上回った。
 不支持の理由(複数回答)は、「期待が持てない」が35.0%(同9.1ポイント増)に急増。「リーダーシップがない」32.1%(同5.6ポイント増)、「政策が駄目」21.0%(同6.1ポイント増)が続いた。支持する理由は「他に適当な人がいない」8.4%、「政策が良い」4.8%、「首相の属する党を支持している」4.6%の順。
 小沢氏の進退については、「幹事長を辞めるべきだ」が46.2%(同2.3ポイント減)、「幹事長だけでなく衆院議員も辞めるべきだ」が29.7%(同1.6ポイント減)と、合わせて75.9%(同3.9ポイント減)が幹事長辞任を求めている。 

18日に両親をしのぶ会=小沢氏「政権交代を報告」(時事通信)
介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長(医療介護CBニュース)
開星高校元教諭を再逮捕 児童ポルノ禁止法違反容疑 島根県警(産経新聞)
【人】女性4人目 最高裁判事に就任 岡部喜代子さん(61)(産経新聞)
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-04-19 21:54

月山スキー場、これからが本番…積雪8m超(読売新聞)

 春の日差しに包まれて雪上を滑走――。山形県西川町の月山(1984メートル)中腹にある「月山スキー場」が10日オープンした。

 国内有数の豪雪地帯で冬期間はリフトや道路が雪に埋もれてしまうため、毎年4月に営業を始め、7月末頃まで春夏スキーが楽しめる。

 暖冬で積雪は例年より約2メートル少ないが、それでも8メートル以上。天候にも恵まれ、気温13度(午後1時)と暖かく、リフトや徒歩で斜面を上がり、約1000人がゲレンデを駆け抜けた。

 車で12時間かけて訪れた岐阜県恵那市、会社員木村慎吾さん(32)は「汗をふきながらスノーボードをするなんて初めて。朝日連峰の眺めも雄大で、すごく気持ちがいい」と笑った。昨年は約15万人が訪れた。

          ◇

 山形地方気象台によると山形県内は10日、山形市で22・2度(平年14・4度)を観測するなど18地点で今年の最高気温となり、5月上旬〜下旬並みの暖かさとなった。

藤谷治さんのチェロ盗難「何としても見つけて」(産経新聞)
<障害者自立支援>「1割負担訴訟」旭川地裁で和解成立(毎日新聞)
幼稚な自己顕示…投稿動画から「最速走り屋」逮捕(産経新聞)
研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)
<スペースシャトル>山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ (毎日新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-04-12 21:58

城下町に“夢の館” 鳥取で3日オープン(産経新聞)

 城下町の風情を残す鳥取市鹿野町に観光客の立ち寄り施設「鹿野往来交流館・童里夢(どりーむ)」が完成、3日にオープンする。喫茶や土産物コーナー、展示ギャラリーのほか、会議などに使える貸し出し用の和室を整備。地元関係者らは、新たな観光拠点にと期待している。

 平成6年に旧鹿野町が始め、合併後に同市が引き継いだ町並み整備事業の一環。同施設は昨年10月から工事が進められていた。旧山東農協の跡地約1650平方メートルに、県産材で延べ410平方メートルの和風建築が完成した。

 同事業ではこれまで、城下町の雰囲気にマッチしたカラー舗装や常夜燈、あい染め体験工房に観光案内所などを併設した「鹿野ゆめ本陣」、地元食材によるメニューが売り物の飲食施設「夢こみち」などを整備してきた。風情を味わえる散策ルートとして観光客らにも好評で、童里夢のオープンにより、さらに受け入れ態勢が整う。

 同町は観光地としての認知度も高まりつつあり、昨年は1万7千人が来訪。地元では、観光客の増加傾向が続くと見込んでいる。

【関連記事】
チューリップなど見ごろ間近、淡路島の花みどりフェア好評
広島・宮島で「こども神楽祭り」
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
姫路城の桜が開花 兵庫
宮島で清盛まつり 厳島神社への武者行列再現

雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
男6人を殺人容疑で再逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
<強姦>時効寸前、男を起訴 水戸地検(毎日新聞)
新党結成「右往左往しない」=野田財務副大臣(時事通信)
【探訪 企業ミュージアム】サクラクレパス サクラアートミュージアム(産経新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-04-07 22:10