<< 城下町に“夢の館” 鳥取で3日... 阿久根市職労、市長通告で庁舎か... >>

執行部の辞任論に言及=参院選敗北で「自民なくなる」−自民・舛添氏(時事通信)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は29日午後、大島理森幹事長、川崎二郎国対委員長ら執行部の国会対応について「(2010年度予算の)超スピード成立は国対が機能していないということだ」と批判し、「責任があれば、それなりの身の処し方がある」と辞任論に言及した。党本部で記者団に語った。
 舛添氏は予算審議について「参院は衆院と同じくらい審議時間を取った。まず衆院で頑張ってくれなきゃ」と衆院での国会対応に不満を示し、「戦略も能力も気力も欠けている執行部は反省してほしい」と述べた。さらに、自身が主宰する勉強会では川崎氏らの国会対策を「稚拙」などと酷評した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)
ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)
子供の口周りで気になるのは虫歯(産経新聞)
<住宅全焼>焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
舞妓 「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)
[PR]
by gfojwwyx3h | 2010-04-02 18:48
<< 城下町に“夢の館” 鳥取で3日... 阿久根市職労、市長通告で庁舎か... >>